トップ / ゲームを初期化する理由

ゲーム買取宅配法

ゲームを初期化する理由

ゲームは初期化しておく

まれに、中古ショップでゲームを購入して電源を入れると、前の人が使っていたセーブデータがそのまま残されている場合がありますね。中古買取ショップは、買取査定を行ったゲームのデータに関して、特に調べることもないまま売りに出す場合も多く、消去されないままになっているデータが含まれているゲームも数多く市場に出回っています。

ゲームに入っているデータのうち、個人情報に関わるものに関しては原則消去してから売りに出した方が良いでしょう。最悪の場合、その情報から個人の特定につながるような場合もありますし、そこからネット上の情報などと紐づけされてしまうような危険性もゼロではありません。

昨今のゲームは名前や生年月日など、ゲーム開始時により詳細な情報を設定するようなものが増えています。これらの情報をそのままにして売りに出してしまうことは、時として非常に危険な行為であることも頭に入れておいた方が良いでしょう。

では、個人が特定される危険性のないセーブデータに関しては、消去して買取査定に出すべきなのでしょうか。こちらに関しては、特に消去する必要はありませんので、残しておいても問題ないでしょう。

買い取る側としては、中古ゲームのデータを残しておいてもらった方が、ゲームの検品などを行う際に便利なこともあるので、残しておいた方が喜ばれるような場合もあります。

ですが、基本的にセーブデータの有無によって買取の金額が増えることはありません。全国ランキングにおいて上位のデータなど、どれだけ素晴らしいデータが残っていたとしても、そのデータ自体に中古ゲームショップがプラス査定を付けることはありませんので、その点に関してはきちんと理解しておきましょう。